子供とおでかけ

竹灯りのイベントは子連れでも大丈夫?越前市万葉の里味真野苑のライトアップに行ってみた

竹灯り 越前市

2020年2月8日(土曜日)に、越前市で竹灯りたけあかりのイベントがありました。

万葉の里味真野苑あじまのえんで、竹垣職人の片岡大輔さんが製作した竹細工のライトアップイベントです。

子どもを連れて鑑賞するときの注意点やポイントをまとめました。

きつねちゃん
きつねちゃん
素敵なイベントでした!

竹灯りのイベントは静かで美しい

竹灯り 万葉庵から見えるライトアップ万葉庵から見える竹灯り

まず、竹灯りたけあかりってどんな感じだろという?と事前知識ほぼなしで向かいました。

竹灯りのチラシには、

竹灯りが美しいのは暗闇が深いから。

自然の音が心地良いのは街まで遠いから。

ここにしかない静寂の中に浮かぶ竹灯り。

と書いてあり、踊りだしたくなるような「イベント」ではないとのこと。

地元と家族の絆が深まり、ふるさとを想う心、魂がジンジンと熱くなるようなそんなイベントと説明されていました。

竹灯りという名前からして古風で静かな美しさを感じるように、水面に浮かぶ竹灯りはとても優しい灯りでした。

きつねちゃん
きつねちゃん
竹垣職人の片岡大輔さんがつくったBamboo Ballバンブーボール っていうらしい
カニちゃん
カニちゃん
直線的なイメージの竹がこんなにもコロンと丸く…職人技が美しい
水面に浮かぶ竹灯り中からの灯りで竹の陰が美しい

決して派手さはないけれど、キラキラとしたイルミネーションとは違い、静かに見入る雰囲気です。

もしかしたら「イルミネーション」や「ライトアップ」をイメージして行くと地味に感じるかもしれません。

けれど、竹灯りは自分から強く主張する美しさではなく、イルミネーションのような作り込まれた美しさとはまた違った感じ。

竹のもつ素朴感と静かな灯りを楽しむイベントでした。

竹灯り 万葉の里味真野苑
きつねちゃん
きつねちゃん
雪つりされた松の木とのコラボも美しい!
カニちゃん
カニちゃん
 雪国ならではの風景!夏にも開催したら涼しげなのにな~

竹灯りのイベントに子連れで行くときの注意点

足下が想像以上に暗い

竹灯りが美しいのは暗闇が深いから

竹灯りは正に〝灯り〟なのですが、その灯り以外は本当に真っ暗です。

きつねちゃん
きつねちゃん
暗闇が深いって本当だった…

万葉の里にも行ったことがなく、初めて行ったのがこの夜のイベントだったので、あまりの暗さにちょっと足下が不安でした…^^;

抱っこひもで抱っこをしていると足下は全く見えませんよね。

実際は段差もつまづくようなものも何もないので勘で歩いても大丈夫なのですが、どこまでが道でどこからが池なのか知らないと注意が必要です。

我が家の3歳は暗闇と竹やぶに怖がってずっと抱っこでしたが、自分で歩きたがる子どもにはハーネスがあると安心かもしれません。

きつねちゃん
きつねちゃん
昼間に行ったことがあればまた印象は違ったかもしれない…
カニちゃん
カニちゃん
明るいときに一度遊びに行ってみるのがおすすめ

とにかく寒いので完全防備

竹灯りのイベントは毎年2月に行われているようです。

2月って冬本番、めちゃくちゃ寒いですよね。

今回は8ヶ月の赤ちゃんも一緒だったので完全防備で行きました。

帽子で耳まで温かくし、

 

抱っこひもの上からすっぽりかぶせられるケープも巻いていきました。

きつねちゃん
きつねちゃん
防風だけじゃなく、中が毛布になっているタイプだと暖かいよ

竹灯りは雨でも開催されるので、かわいい雨具もあると良いかも。

実際に今年は雨が降っていて、傘をさしての鑑賞でした。

めちゃくちゃ寒いのでとにかく温かく!

竹灯りを鑑賞し、万葉庵で休憩

竹灯り 万葉庵から見える水面に浮かぶ竹細工竹灯りのイベントでは、休憩所の万葉庵まんようあんで食事をすることができます。

万葉庵の目の前には、池があり水面に浮かぶ竹灯りの風景を店内からも眺めることができます。

きつねちゃん
きつねちゃん
万葉ラーメンや一品料理など食べられるよ

当日は、小学生以下のお子様先着30名にチュロスのプレゼントも。

万葉庵の店主が網元なので、浜直送の新鮮な海鮮料理も堪能できるそうです。

19時半の万葉案は結構人がいて満席でした。

カニちゃん
カニちゃん
来年はもっと早く行く!

竹灯りの制作者、竹垣職人 片岡大輔さんの作品が素敵

片岡大輔さんの竹スピーカーTakenosukeホームページより

コロンとしたかわいいbamboo Ball を製作された片岡大輔かたおかだいすけさんは、竹を使った身の回りのアイテムも製作されています。

今回のイベントで知り、ホームページ〝Takenosuke〟を覗いてみるとなんともおしゃれなものが…

iPhone用の竹のスピーカー

竹のスピーカー

このスピーカーの特徴は、日本の伝統的な和楽器「尺八」の音の要素を取り入れ、京都の京銘竹を使用することで日本庭園に使われる「鹿威し」のような音と風情も楽しめます。

竹之助 ホームページより

尺八しゃくはち鹿威しししおどしってどんな音の響き方をするんだろう?

〝静寂の中に竹のしなやかな風情が響き渡るこれは現代の鹿威し〟と聞けば、これで子どもの好きなお散歩マーチなど聞いて良いものか…と思ってしまいますが^^

なんとも素敵なモノを作る方が竹灯りの製作もされてるんですね。

きつねちゃん
きつねちゃん
越前市池泉町にお店があるみたい!
カニちゃん
カニちゃん
他にも靴べらや名刺入れなどもあるみたい!
オンラインストアもあるよ

竹之助 Takenosuke オンラインストア

竹灯り、万葉庵、イベント情報まとめ

竹灯り 万葉の里味真野苑
イベント 竹灯り
場所 915-0031福井県越前市余川町55-1 (万葉庵)
駐車場 万葉の里の駐車場を利用
イベント時間 18:00~21:00 万葉庵の営業は17:00~21:00(L.O20時)
主催 味真野自治振興会 歴史・観光部 共催:万葉愛好会

竹灯りで見られる〝バンブーボール〟も製作を依頼すれば1つ13,000円(税別)。

片岡大輔さんの職人技が無料で間近にみられるなんて、竹灯りのイベントに行ってみたくなりませんか?